リフォーム 屋根工事


この住宅は築30年です、お客様は12年前に中古住宅で購入いたしました。当初は屋根のコロニアルが
痛んでいたので塗装しました。しかし、築年数が経っているため、屋根、塗装、樋板金をリフォームする事に
しました。この地区は、「風致地区」で、とても風の強いところです。

当初お客様は、コロニアル屋根を陶器瓦に替えたい要望でしたが、軽い屋根瓦を重い屋根瓦に替える
場合は、耐力壁の問題が発生しますので、再度ご検討いただく事になり軽い屋根(ルーガ)にしました。

参考 重い屋根瓦を軽い屋根材に替える事はできます、耐震構造としても良い事です。たとえば倉庫に
4人で運べる荷物と、5人で運べる荷物があります。5人用の荷物を4人で運ぶ事になると、誰かに負担が
かかります。それと同じ考え方になります、専門的には建築基準法の耐力壁に対しての係数から成ります。



20160616 katayama -b02.JPG

築30年ですが、10年前に屋根の塗装をしてますので見た目は痛んでる感じはしません。しかし屋根に登る
とコロニアルが劣化し、樋も数ケ所はずれてるところもありました。

20160616 katayama -b03.JPG

コロニアル屋根を「ルーガ鉄平」メーカ名はケイミューに、葺き替えます、とても軽くて、強度がある屋根材です。
またデザイン的にも優れています。屋根材を替える場合は、樋を新しく替える事を提案します。

20160616 katayama -c01.JPG

屋根の上は高いところの作業ですので足場を掛けます、屋根がとても大きいためクレーン作業になりました。
工程的にも早く終わります。

20160616 katayama -c02.JPG

コロニアル屋根を、剥ぎ取ってます、屋根に勾配(屋根の傾き)がありますので気をつけて作業します。

20160616 katayama -c05.JPG

剥ぎ取ってみますと、屋根の下地の板が腐食してとても傷んでました。家の周囲の樹木の落ち葉が屋根の
すき間に入り込み、雨の流れを止めた事が原因です。腐食した屋根板は全て取り替えました。
コロニアル屋根の場合は、このように屋根板が傷んでる住宅がたくさんあります、築年数にも影響します。

20160616 katayama -c04.JPG

この紫色をした材料がルーフィング材です、屋根材と屋根板の間に敷きこみます、30年前のルーフィングは
とても薄くできてました。現在は「改装アスファルトルーフィング」といい厚さがあります。雨漏りしません。

20160616 katayama -c03.JPG

「ルーガ鉄平」メーカ名はケイミューを屋根全体に並べて、葺いてる作業です、「ルーガ屋根」の作業をする
職人さんは、メーカの講習を受けた人でないと作業する事ができません。

20160616 katayama -c06.JPG

2階屋根の「ルーガ鉄平」がきれいに葺きあがりました。一枚一枚が交互に重なりように施工してますので
強風にも十分耐えられます。4月の地震でも一枚もずれてませんでした。別府市小倉地区はかなり被害が
ありました。

20160616 katayama -a02.JPG

外装リフォームの完成です。見違える程になりました。デザイン的にも「ルーガ鉄平」の良さを引きだして
くれています。塗装もキレイにできあがり新築の住宅です。

20160616 katayama -a03.JPG


20160616 a01.JPG


大屋根の部分も、スマートさを感じます。当初お客様は、コロニアル屋根を陶器瓦に替えたい要望でしたが
「ルーガ鉄平」を葺くことにした事を間違いなかったと言われ、とても喜んでいただきました。
屋根の形状がとても複雑でしたので、瓦職人さん達も、とても手間がかかりました、しかし出来上がった屋根
をみて、「家族にも見せてやりたいな~」と、ひとり事を言ってました。(笑)














まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分