佐藤邸リニュアルⅢ


解体が終わりました。8畳のキッチンでしたが廃材は2トントラックで2台ありました。流し台を細かく
解体しますので、スゴイ廃材です。

搬入もたいへんですが、いつもの事ですので、置く位置などが事前にわかります、数多く現場を
経験してますので、無駄な積み方はしません。

2016 9 2 dannnetu 01.JPG

木材と、コンクリートの廃材は分けて置きます。2トントラックにこの量を積み込むのもたいへんです。
今日の気温は30度をこしてました。


2016 9 2 dannnetu 02.JPG

天井板を剥がすのは時間がかかりませんが、貼り付け用の釘を取る手間に時間がかかります。
剥ぎ取りが20分でしたが、釘の処理に2時間かかりました。1000本以上の釘の数です。

2016 9 2 dannnetu 03.JPG


天井の仕上げをする前に、電気配線工事をします。事前に打ち合わせ済みです。

2016 9 2 dannnetu 04.JPG


断熱を、天井から壁にスキマなく入れ込みます。入れ方が悪いと断熱効果がよくありません。

2016 9 2 dannnetu 05.JPG


天井、壁に断熱材が全て入りました。これで夏の「暑さ」が凌げます。また今から向かえる「冬の寒さ」も
大丈夫です、今まで断熱材のない部屋で炊事をしてましたので、断熱リニュアルの良さをわかって、
頂けると思います。

2016 9 2 dannnetu 06.JPG

耐力壁の筋交いを切断していた、壁に新しく筋交いを入れました、この後かべには、構造用合板を張ります。
これで一安心です。
2016 9 2 dannnetu 08.JPG

切断されていた筋交いの壁








まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分