• HOME
  • ブログ
  • 流し台前のボード張り、天板取り付け

佐藤邸リニュアルⅧ


流し台前の下地の骨組が出来上がりましたので、ボードと合板を張って仕上げに
入ります。

2016 9 9 tennita01.JPG

流し台が取り付く壁に、プラスターボードを仮りに張ります。上部に天板を取り付けるので、取り外しが
出来るようにします。何故かというと、天板を取り付ける職人さんは家具屋さんだからです。普段は棟梁が
取り付けるのですが、今回は特別に「無垢の桜」を塗装した天板にしたからです。これは、家具屋さんからの
提案です、施主の佐藤様と、家具屋さんは、古くからの友人でもあるからです。

2016 9 9 tennita02.JPG

表の壁には、構造用合板を張ります。手前に荷重がかかる家具がつきますので、丈夫な壁にします。
また、腰壁強度を増す事も考慮してます。


2016 9 9 tennita03.JPG

天板を取り付ける家具屋さんと、棟梁が寸法の確認と、打ち合わせをします。細かい納まりと、天板を
取り付ける為に生じる、不具合の調整の確認です。ここの打ち合わせは大切です。


2016 9 9 tennita04.JPG

裏側の仮り止めのプラスターボードを取り外します。それは天板を固定する為に、下地板と天板をビスで
将来絶対に動かないように、確実に固定するためです。見えない所の工事が大切なのです。


2016 9 9 tennita05.JPG

現場合わせですので、天板は少し長めに製作しておきます、そして寸法を確認してから、切ります。
当然、ここで寸法を間違えると、「無垢の桜」の天板は、再度作り直しになります。


2016 9 9 tennita06.JPG

天板と下地板を固定します、再度寸法の確認です、隙間が出来ないように工具で挟みビス止めします。



2016 9 9 tennita07.JPG


天板の取り付けが終わりましたので、キズが入らないように養生をします。その後取り外したプアラスター
ボードを張ります。

まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分