佐藤邸リニュアルⅪ


パテを練りが終わり、受け板にのせてる、パテをプラスターボードの継ぎ目などに塗ります。

2016 9 12 pate A01.JPG

職人さんによっては、天井から塗る人、壁から塗る人それぞれです。しかし、天井のパテ処理は大切です。
年月が経つと、天井のクロス切れが先にでてきます。

2016 9 12 pate A02.JPG

天井と壁の継ぎ目にも、キッチリとパテを塗ります。弊社は天井周り縁を入れませんので、ここの部分は
ポイントです、念入りにパテ処理をします。


2016 9 12 pate A03.JPG

継ぎ目の部分です。この部分は壁を塗るよりは、少し手間がかかります。


2016 9 12 pate A04.JPG

壁のコーナー部分のパテ塗りです、コーナーもクロスが時々切れますので、十分な処理をします。


2016 9 12 pate A05.JPG

壁の継ぎ目部分にも、広めにパテを塗ります。パテ塗りは、一回塗りではありません、この後また塗り込みます。


2016 9 12 pate A06.JPG

パテが乾くまでは、クロスを貼りません。パテが乾いたら、今度はペーパーで磨いていきます。パテの表面が
滑らかになるまでします。


2016 9 12 pate A07.JPG

パテ塗りの下地処理が全て終わりました。これからクロスを貼ります。下地処理には、十分な時間をかけます、
クロス貼りの仕上がりが、綺麗にできあがるか、出来上がらないかは、パテ処理の施工しだいです。



まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人
リバーハウス
リバーハウス リフォーム 大分