• HOME
  • リバーハウスの社長ブログ

津久見のイルカ島

  • 投稿日:2016年 9月22日
  • テーマ:

長女と一緒に津久見の「イルカ島」に行って来ました。

海の色が、スカイブルーでとても綺麗でした。スカットした感じです。


イルカを見てると、癒された感じがします。この写真は長女が撮影しました。

とても気にいったのでしょう、スマホの「待ち受け」にしています。

2016  10 1 iruka001.JPG

イルカも人に慣れてるので、すぐ近くまで寄ってきます。癒されますね、仕事のことは
少し忘れます。気分転換には最高です。




2016  10 1 iruka002.JPG

この中にイルカがいます。海たまごに行くまで訓練中です。



佐藤様からの手紙


佐藤様のリニュアル工事が終わりました、図面の打ち合わせ、現場が始まってからの細かい
打ち合わせ、時間の過ぎるのがとても早く感じました。佐藤様に、最後のお願いをしました、
写真撮影と「お客様の声」のお手紙、佐藤様は、快くお引き受け下さいました。本当にありがとう
ございました。

現場が竣工して、お客様に完成引き渡し書を提出して全ての工事が終わります。それまでの
期間は、毎日お会いするのが、日常でしたので、ふと何か寂しさを感じる事があります。
仕事を通して「知り合う」という感じなのですが、この先も長いお付き合いをして頂きたいと
思います。時々、ご自宅に挨拶に行く時間をつくる事は、大切な事かもしれません。


2016 9 21 kotoba no102.jpg



2016 9 21 kotoba no101.jpg


2016 9 21 kotoba no201.JPG

2016 9 21 kotoba no202.JPG

52年前,都町で氷、燃料店を始めた両親は、元旦以外に休むことなく、朝から晩まで一生懸命働き~その後
ビルやアパートも建てました。そんな両親が終の住処として建てたのが「賀来のこの家」でした。

しかし、母にとっては28年間台所が悩みの種。西日がきつく夏は立っていられない暑さ、眩しさ。換気扇の掃除が
し辛く、何もかもが油っぽい状態。窓が三ケ所あるのに暗く、デットスペースが多過ぎて使い勝手が悪い等・・・・・
不満だらけ。

そこで、私が相談したのは、信頼でき、尊敬する「家具職人の三浦陽治さん」。・・・そして、紹介して頂いたのが
リバーハウスの小川さんでした。初めてお会いした日、猛暑の中、きちんとネクタイを締め、爽やかな笑顔が印象的
でした。穏やかな会話の中にも、強い信念を持たれ、私達の思いをしっかり汲み取って下さり、絶対に喜んで頂ける
台所にしましょうと、力強くおっしゃってくださいました。

9月1日から始まった工事~工程終了まで沢山の職人さんに関わって頂きました。いつも優しい笑顔で、接っして
下さった棟梁の「佐藤さん」を始め木材、建材、給排水、照明、電気工事、塗装、クロス、金物こうじ、メンテの皆さん
そして、リフォームと同時に断捨離を始めた私と母を助けてくれた、廃品回収のお兄さん、小川さんにもお手伝いして
頂きましたね~。

皆さん、一生懸命最高の仕事をして下さったと、心から感謝してます。こんな、気持ち良く素振らしい仕事をされてる
職人の皆さんをカッコイイな~・・凄いな~・・・と感動しましたし、自分の仕事に誇りを持ち、楽しんでるようにも見え
ました。おかげさまで、私の実家の台所は、見違えるようになりました。明るく、広く、使い勝手が良く美しいです。

これからも、もっともっとその良さを実感し、台所で楽しんでいる母の姿を見られるでしょう。小川さん、職人の皆さん
本当にありがとうございました。

最後に三浦さん

折りたたみ式のテーブル案を、叶えて下さってありがとうございます。大切な桜の一枚板を木目や皮を生かし、
とても味わい深い素晴らしい天板に、仕上げて下さいました。テーブルは頑丈で使い勝手も良く、全てが三浦
さん、ならではと感動してます。健康にケガに気をつけて、素振らしい作品を造り続けて下さいね。
そんな三浦さんの姿を見にまた、訪ねて行きます。
リバーハウスの小川さんを紹介して下さって、本当によかったです。ありがとうございました。







佐藤邸リニュアルⅩ


佐藤様邸完成ビフォー アフターです。


2016 9 18 koujimae A01.JPG

北側の出窓です、手前に流し台があり、窓に開けるのに不便でした。

2016 9 18 kannsei  A03.JPG

きれいになった出窓です、手前にはキッチン収納カウターの天端です、ここにオーブンなど電気機器を
置きます。コンセントも両サイドのそれぞれあります。


2016 9 18 koujimae A02.JPG

北側角の部分です、手前に冷蔵庫がありましたので、通路が狭く感じました。


2016 9 18 kannsei  A04.JPG

冷蔵庫と食器棚を移動して、通路が広くなりました。人がすれ違っても問題ありません。

2016 9 18 koujimae A04.JPG

西側に窓があり、夏の日射しが入りとても暑く、さらに眩しく料理をするのに、とても困ってました。


2016 9 18 kannsei  A05.JPG

西側の窓を無くし、壁にしました、明るさには問題なくとても落ちつた感じになりました、システムキッチンと
キッチン収納とのスペースは、無駄な動きないように十分打ち合わせをして決めました。


2016 9 18 koujimae A05.JPG

L型のシステムキッチンでしたが、冷蔵庫や、食器棚の置くところに問題があり、狭い感じでした。


2016 9 18 kannsei  A01.JPG

システムキッチンとキッチン収納をバランス良く、配置しましたので、部屋が広く感じます。また手前の
折りたたみカウンターは、佐藤様のご希望でした。今は折れてる状態です。

2016 9 18 kannsei  A02.JPG

テーブルを使えるように上にあげました、居間で食事もしますが、時々簡単な料理の時はこのテーブルで
食事をなさるそうです。また朝のモーニングコーヒーにはとても便利はテーブルです、コンセントも右横に
取り付けました、ニッチにコーヒーカップを入れて楽しむのも、一日の始まりという感じです。
 左下の「前の記事」クリックして頂けますと、佐藤様のビフォー、アフターが詳しくわかります。

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分