• HOME
  • リバーハウスの社長ブログ

突然の大雪

  • 投稿日:2018年 1月22日
  • テーマ:

トンネルを抜けたら雪だった・・・という言葉を思い出しました。湯布院の「笑ねこの宿」(昨年リフォーム)届け物をする為に行きました、庄内町までは雪が無かったのですが、町を過ぎた途端に大雪です、道路の両脇には雪、湯布院入口信号では、交通規制です。スタットレスをはいてない車がユーターンして道路は混雑してます、タイヤ入れ替えて良かった(笑)

2018 1-22yuki001.jpg



2018 1-22yuki002.jpg

住宅診断(ホームインスペクション)


2016年5月、宅地建物取引業法改正案が国会で成立しました。
これにより、2018年4月から中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化されることになります。
もちろん、実施が義務化されるわけではありませんが、これまでホームインスペクションという言葉、サービスそのものをご存じなかった方の耳にも、手続きの中で自然と入るようになります。
ホームインスペクションするならどのタイミング?

おすすめの目めのタイミングは契約前。建物の状況をよく理解して頂いてから購入すれば、不具合を知らずに契約・入居して、あとから発覚・・・という最悪の事態が避けられます。

どんな診断をしてくれるの?
ホームインスペクションは、主に非破壊の目視調査です。ですから、壁や天井の中などの隠ぺいされている部分や見ることができない屋根など、リスクを払拭できない箇所はどうしてもあります。ですが、確認できる範囲で建物のコンディションを把握したり、推測することができるので、売買の判断材料にしたり、リスクを減らして取引を行うことができます。

ホームインスペクションは、中古住宅の取引をよりスムーズで安心できるものにするための仕事です。
中古住宅のリフォーム工事もふえるのではないでしょうか。

ホームインスペクションは、研修を受けた建築士の資格のある技術者でなくては診断できません。


2018 1-10sasas002.jpg



2018 1-10sasas001.jpg

2018 1-10sasas003.jpg


2018 1-10dasdd001.JPG

2018 1-10sasas004.JPG



馴染みの蕎麦屋さん

  • 投稿日:2018年 1月17日
  • テーマ:

今日は暖かくてとても良い天気です。府内町の本社に書類の整理をする為に行って来ました、
帰りにいつも食事に行く「永楽奄」の暖簾をくぐると、カウンターにはお客様が満席です、
少し時間を早めて来たつもりでしたが・・・・さすがですね。おかみさん「いつものですね」と
言う返事が返ってきます、お願いします。
とても美味しいですが後ろで待ってる、お客さんの視線を感じる今日このころです(笑)

2018 1-15wewe001.jpg

前の記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友だち登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分