大分市 D様邸 全面リフォーム事例

トップ画像



施工データ

施工箇所 施工内容 工費
LDK オーダL型流し台 内装工事 オーダー収納棚 約110万円
浴室 タイル 浴槽 内装工事 約70万円
トイレ 施設用便器 内装工事 約35万円
電気工事 全室配線 約25万円
水道工事 水まわり配管 約24万円
工期 40日 築年数 20年



ビフォーアフター


見取り図




お悩み・ご要望

不慮の事故により車椅子生活を一生する事になり、今の家の造りで暮らすのは不便になりました。2年間、重度障害者センターでのリハビリ訓練を行ったことで、車椅子での生活ができるようになりましたが、そのセンターで利用していた機器及び各寸法も同寸法でリフォームをしてほしいとのご要望でした。

身体の体温調整があまりうまくできないので、冷暖房システムが十分に機能を発揮できるように、トイレには1時間以上かかるので冬の冷たさを凌ぐ為の暖房機器を設置し、部屋では特に浴室の設備を十分にしたいとのことでした。
また手の握力がないので内部建具は、力をあまり入れずに開閉できるようにし、まわりの人の力をかりずに、自立できる暮しがしたいとのことでした。


施工前


ご提案内容

重度障害者センターの衛生設備機器の種類、及び取りつけ寸法の確認をとり、図面がないので、家の測量をして図面を作成しました。

車椅子で移動できるように通路及び内部建具の寸法を広くし、建具は全て引き戸にしました。取っ手の高さも車椅子用の寸法にし、さらに軽い材料で硝子は使わず特殊なプラッスチックで製作しました。

床は和室の畳敷きの全てを解体してフロアー張りのバリアフリーに、トイレは車椅子が中でまわれるように広くし、暖房機器を設置しました。

洗面化粧台の高さも車椅子で使用できる寸法に設置し、浴室は障害者センターと同寸法及び機器も特注製品を取り付けました。

キッチンの流し台は車椅子で炊事ができるように特注オーダで製作、寸法もセンターと同寸法にしました。

駐車場から車椅子で部屋に出入りできるように、スロープ付きのウッドデッキを取り付け、冷暖房は各部屋の大きさに合ったエアコンを設置、浴室にも暖房機器をいれました。

各スイッチの高さも車椅子で必要な寸法に付け、給湯設備は全てオール電化にしました。また、寝室以外は人感センサー付きの照明機器を設置しました。


施工中


施工後

住宅内部の間取り及び構造は障害者センターと同じ機器、寸法のため、生活するには不便に感じる事はなくなりました。

浴室やトイレの設備が特に気になっていましたが、使い勝手が良く機能的になりました。建具は開閉がとても軽くあまり力を入れなく出入りができ、キッチンの流し台は、車椅子の高さに合わせての寸法で製作してるので、炊事が楽になりました。

冷暖房システムは十分に機能を発揮していて、通路や出入口が広く、床の段差もないため、車椅子の移動がスムーズにできるようになりました。

駐車場から部屋に出入りするための、スロープ付きウッドデッキはとても便利で、人感センサー付き照明機器はスイッチを押さなくて良いので機能的です。

オール電化なので安心して料理もできるようになりました。


「駐車場入口」
駐車場から部屋に出入りするスロープです。車椅子での移動に負担がかからないように、距離を長めにして勾配は緩やかにしました。
「裏庭通路」
通路は広めのウッドデッキにしました。各部屋の出入りはデッキの床を部屋の床の高さに合わせて調整、木が傷まないように専用の塗料を塗装、南側からの日差しがデッキを照らしひと時の安らぎを感じさせてくれます。
「玄関入口」
通路からこのスロープを降りると玄関入口です。玄関ドアも開閉に便利な引き違いにしてます。
「玄関ホール」
玄関からの出入りができるように廊下からのスロープを付け、床の仕上がりは滑りにくい長尺塩ビシートを張りました。
「廊下」床 壁 天井
廊下の床の上に新しいフロアーを張り、段差のないバリアフリーにしました。入り口の引き戸はLDKの暖房効果を上げる為に取り付けました。
「寝室」床 壁 天井
和室の部屋は畳、壁、天井全て解体、車椅子で移動できるようにバリアフリーのフローリング張り、さらに建具は全て引戸にしました。
「キッチン」床 壁 天井
規格の流し台では料理ができませんので、障害者センターと同じ寸法の流し台を製作して取り付けました。
「キッチン」床 壁 天井
横の収納棚もオーダーで車椅子から食器が取りだされる高さにしました。
「浴室」床 壁 天井
ユニットバスの浴室は全て解体、各部分の大きさや寸法はセンターと同じサイズにあわせています。ステンレス製背もたれは特注でした。ブルーのマット部分で身体を洗います。このマットは皮膚を傷めない医療専用商品です。洗い台の大きさに合わせて切り張りできます。浴室内はタイル張りで寒い為暖房設備の完備をしてます。初めて施工する型の浴室なので大変でした、特に水道工事の職人さんは気を使っていました。D様が一番気になっていた浴室にはとても満足していただきました。
「脱衣洗面」床 壁 天井
狭い洗面所は床、壁、天井は全て解体、洗面台の高さはセンターと同寸法、床は水に濡れても良いCFシートを張り、車椅子がゆっくりまわれる広さになりました。
「トイレ」
和式トイレは全て解体、便器は障害者用の器具が付いた種類です。部屋は広く車椅子の移動にはとても便利です。暖房機器を設置してます。
「通路」
通路は車椅子で移動できるように広く、また扉は引き戸にすることで、力を入れずに開け閉めできるようにしました。

全面リフォーム事例一覧はこちら
施工事例一覧はこちら

リバーハウス
リバーハウス リフォーム 大分