リフォーム 匠の技

  • 投稿日:2016年 4月28日
  • テーマ:その他

リバーハウスは5人の棟梁さんがいます、皆さんその道40年以上のベテランです。
今日は臼杵市野津町の野中棟梁を紹介します。野津町は「きっちょむさん」で有名な町です。また
建物が「入母屋造」の住宅がたくさんある町でもあります。入母屋造は「お城」みたいな感じの家です。
棟梁が弟子入りした親方は野津町でも腕の良い職人さんでした。弟子入りして初めて親方から造って
みろと言われたのが「道具箱」だったそうです。棟梁は今でもその道具箱を使ってます。その中には
長年愛用した、ノミ、カンナなどが大切にいれられてました。今はプレカットで加工しますが、棟梁の時代は
全て手加工でした。「入母屋造り」ですので一軒の家が出来上がるまで約1年以上かかる事も何度かあったそうです。
ノミやカンナを使い細かい造作は得意です。特に「化粧材」の加工がすばらしいです。加工場での一部の画像です。
20160428-nonaka-kao02.JPG

野中棟梁です。見た目怖そうな感じですが、無口で優しい人です。仕事中はほとんど話しをしません。
私も声をかける時ときは、間を見て話しかけます。

20160428-nonaka-kao01.JPG

杉の磨き丸太の墨付けです、角材と違いますので手間がかかります。棟梁は丸太の加工は良く
しますので得意です。「さしがね」の使い方はなれたものです。

20160428-nonaka-mokuzai01.JPG

この部分は大黒柱の「ホゾ加工型板」です。4本の梁が組み込まれますので、ホゾの位置を
間違えると、梁が収まりません。梁の組み込まれる角度が変形してますので、墨をだすのに
熟練の技の見せところです。
20160428-nonaka-mokuzai03.JPG

ホゾ加工が終わった玄関柱です。まだ数本丸太柱の加工が残ってます。

20160428-nonaka-dougu01.JPG

加工場で使ってた道具の一部です。弟子の時代に貯金して買った道具だそうです。何十年にも
なるそうです、良く手入れしてます。ノミの穂先は年月と共にだんだんと短くなります。

20160428-nonaka-dougu02.JPG

20160428-nonaka-dougu03.JPG

カンナと墨つぼです、何十年も使ってるので、痛んだところが見られます。棟梁に「そろそろ買え変えたら」
どうですか?と話しかけました。道具は「職人の魂じゃ、古くなっても手入れさえすればいつまでも使える」
と、一言で切り替えられました。いらぬ事を言ってしまったと後悔しました。棟梁もそんなに若くはありませんが、
身体の動く限りがんばってくださいねと、「棟梁の背」をみて感じました。昔ながら墨付けをして加工する大工さんが
少なくなりました。時代の流れなのでしょうか?

ご挨拶

  • 投稿日:2016年 3月 2日
  • テーマ:その他

私たちが考える家は、「家族が健康で仲良く、笑顔あふれる家」です。
はじめまして、こんにちは 株式会社リバーハウス代表の小川です。私たちのホームページを、ご覧いただきありがとうございます。

新築またはリフォームをお考えですか?
新築・リフォームを考え始める「きっかけ」『家が傷んできたから』『子供も大きくなってきたので、そろそろ』『家の間取りが悪いから』はじめは誰でもそんな感じだと思います。

しかし、今までご家族のリフォームや新築をお手伝いしてきた、私の経験上、はっきりと申し上げられることは、そういう「きっかけ」 だけで、今からお話しする事を確認しないまま『新築・リフォーム』を始めてもなかなか事は、「スムーズ」に運ばない、ということなのです。

確かに、住宅会社を訪ねて営業マンに相談すると、年収や自己資金から、あなた様が「新築・リフォーム」できるプランを見つくろって下さいます。しかしそういう流れにまかせて「新築・リフォーム」するまえに、ご家族皆様で、話し合ってほしい事があります。それは、『家族が今後、どういう暮らしをしたいか』ということです。

なぜなら、家は『暮らしをつくること』に他ならないからです。暮らしをよりどころに考えることで、ようやく家の姿が、おぼれろげに見えてくるのです。これまで何気なく過ごしてきた家族に、さまざまな「問題課題」突きつけられます。
例えば、 子供はどんな風に育てたいのか...旦那様や奥様の仕事は、これからどうなっていくのか...両親の老後の、面倒はどうするのか...そして絶対に避けて通れない、お金の問題...家族の将来の課題や問題に、正面から向き合い、一つ一つ答えを出していくことが、とても大切なのです。
この時ぜひじっくりと、ご家族みんなで話しあって下さい。そして、お互いの事を理解し合い、気づかい合って下さい。家族がそれぞれの思いに触れ合っていく事で、必ず幸せな暮らしができると思います。家の間取りや仕様は、そこを固めてからじっくりきめても、十分間にあいます。

私たちが考える家は、「家族が健康で仲良く、笑顔あふれる家」なのです。
私たちには、あなた様にピッタリな家は、どんなものなのか、その答えを用意することはできません。
しかし、何度となく、月日をかけて打ち合わせをしていく事で、その答えに近づく事はできます。
もし、あなた様がそれを望まれるなら、私たちが、全力でお手伝いをいたします。


株式会社リバーハウス
代表取締役 小川 清八


まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分