岩盤炭小屋の備長炭


BBQをしますので炭を少し頂けませんか」と、野中棟梁に電話をしました。返事は「いいよ取りにおいで」
早速野津町に行くことにしました。ゴールデンウィークに入ってましたので車が普段より多かったです。
炭と棟梁 話か結びつかないと思いますが、野中棟梁は岩盤を幾日もかけて削り炭小屋を造りました。
樫の木からできる備長炭は、ピチピチと火花が飛ぶ事は無く、火力が強く、長持ちします。


20160501-sumi-m06.JPG

朝霧の田園風景に見える 炭小屋の煙 とても癒される風景です。

20160501-sumi-m05.JPG

煙突から炭を焼く煙がでてます、岩盤に煙突を取り付ける時がとても苦労したと言われてました。
この周辺の畑、水田、山は棟梁の持ち物です。

20160501-sumi-m02.JPG

樫の木をこの中に入れて炭を造ります。入り口は火力が落ちないように狭くしてます。

20160501-sumi-m01.JPG

岩を削った中の洞窟です、湿気が無くとても涼しかったです。しかし良くこの岩盤を一人で削ったなと
思いました。笑ってたけど本当は大変だったような気がします。

20160501-sumi-m03.JPG

炭になる樫の木です、自然乾燥してます。大きな樫は以外と重いたいです、山から斬ってここまで運ぶ
のは大変です。
20160501-sumi-m04.JPG

黒く輝いた備長炭です大切に使わさせて頂きます、ありがとうございました。








まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分