• HOME
  • リバーハウスの社長ブログ

いちのはる荘大家さん 外装リフォーム(屋根洗浄ビフォー・・アフター)

  • 投稿日:2018年 3月15日
  • テーマ:

いちのはる荘大家さん リフォーム工事  屋根洗浄ビフォー・・・アフター

屋根の高圧洗浄が終わりました。ビフォー・・・アフターです。とても綺麗になりました。
苔のヨゴレの付着がかなり酷く簡単には洗浄できませんでした。
特に赤茶色のコケは高圧洗浄でも取れにくい苔です、リフォーム工事では意外な事が
分ります。

2018-3-15yaneyane001.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    ビフォー①  リフォーム工事から


2018-3-15yaneyane002.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    アフター①  リフォーム工事から

2018-3-15yaneyane003.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    ビフォー②  リフォーム工事から


2018-3-15yaneyane004.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    アフター②  リフォーム工事から

2018-3-15yaneyane005.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    ビフォー③  リフォーム工事から

2018-3-15yaneyane006.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    アフター③  リフォーム工事から

2018-3-15yaneyane007.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    ビフォー④  リフォーム工事から

2018-3-15yaneyane008.JPG
大分リフォームから  屋根洗浄ビフォーアフター
屋根洗浄    アフター④  リフォーム工事から

いちのはる荘大家さん 外装リフォーム(屋根高圧洗浄)

  • 投稿日:2018年 3月14日
  • テーマ:

いちのはる荘大家さん リフォーム工事 屋根高圧洗浄

コロニアル屋根の塗装工事を行う際、高圧洗浄機で一度、屋根を綺麗にします。
屋根に付いた苔などの汚れや古い塗料を剥がすためです。

苔などの汚れ、古い塗料をそのままにした状態では、新しい塗料を付着させることができません。
屋根塗装では高圧洗浄は必ず必要な作業です。


2018-3-15sdasdas001.JPG

大分リフォームから   屋根洗浄

2018-3-15sdasdas002.JPG

大分リフォームから屋根表面に付いた汚れや塗料を取り除くことは、本来、手洗いで丁寧に洗い流すのが理想です。

屋根瓦の表面を傷めることがないからです。しかし、屋根表面に付いた汚れや、塗料は強力に屋根表面に付着しています。したがって、屋根瓦を一枚一枚、洗剤などを利用して洗い流すことはありません。

現在、屋根表面の汚れや、塗料は高圧洗浄機で洗浄するのが一般的です。高圧洗浄機は業務用と家庭用があります。
業務用の高圧洗浄機は吐出水量や水圧が家庭用のものとは全く異なります。業務用の高圧洗浄機はとても大きなパワーを伴い屋根表面を洗浄をします



2018-3-15sdasdas003.JPG


大分リフォームから
経年劣化したコロニアルは高圧洗浄中に割ってしまうことがあります。コロニアルは人が乗っただけでも割れることがあるため、高圧洗浄による強力な水圧でも割れることがありますので、充分きを付けて洗浄します。
2018-3-15sdasdas004.JPG


大分リフォームから 屋根洗浄
屋根に限らず外壁塗装でも、高圧洗浄から下地処理までの手順に一番力を入れる職人さんも少なくありません。塗装の不具合が出るかでないかは、苔や旧塗膜の汚れをきちんと落としきれているか、下地処理が適正におこなわれているかによって決まると言っても過言ではないからです。

ホコリや苔・旧塗膜は、塗装の妨げになるので、高圧洗浄で入念に洗い流し、高圧洗浄後には、しっかりと屋根を乾燥させ、その後の工程の下地処理や塗装に支障が無い状態にします。




2018-3-15sdasdas005.JPG

大分リフォームから  屋根洗浄

2018-3-15sdasdas006.JPG
大分リフォームから

近隣に車が駐車してましたので、ほこりやヨゴレが付着しないように養生をします。この際事前にお伝えして
おきます。近隣クレームになると、お施主様にもご迷惑を掛けてしまうからです。リフォーム工事は近隣様の
ことには十分気をつけなくてはなりません。

いちのはる荘大家さん 外装リフォーム(屋根のインスペクション)

  • 投稿日:2018年 3月13日
  • テーマ:

いちのはる荘大家さん リフォーム工事  屋根インスペクション
大家さんの家の屋根は「コロニアル屋根」です、簡単に説明します。

1.コロニアル屋根とは!?

そもそも、「コロニアル屋根」とは何でしょうか。同じ見た目の屋根でも人によっては「スレート瓦」と言ったり、「コロニアル」と言ったり、さらには「カラーベスト」と言ったり・・・どれが何なのか違いがわからない方もいらっしゃると思います。

コロニアルとは、スレート瓦の一種でクボタ松下電工外装株式会社から販売されている屋根材の商品名です。スレート瓦の中でも最も普及したため、スレート瓦を代表する名称としてコロニアルが使われるようになりました。
コロニアルは日本瓦と比べ、軽量で安価なこと、また色彩が豊富で種類も多いことから、数ある屋根材の中でも一番普及しています。

仮設足場が掛けられましたので、塗装職人さんと一緒に屋根のインスペクションをしました。
下からの目視と違い、屋根の上に登ってからのインスペクションは違います。
傷んでる細かい所が確認できました。
南側と北側では屋根の傷み方、また苔の生え方が違ってました。

2018-3-14sdasdas001.JPG

大分リフォームから
南側の屋根です、日当たりが良いのでコケは発生してませんが、表面が劣化してます。

2018-3-14sdasdas002.JPG

大分リフォームから
北側の屋根です、やはりひが当たらないのでコケが発生してます。


2018-3-14sdasdas003.JPG

大分リフォームから
棟の板金です、そんなにいたんではいませんでした、

2018-3-14sdasdas004.JPG

大分リフォームから

2018-3-14sdasdas005.JPG

大分リフォームから

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友だち登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分