• HOME
  • リバーハウスの社長ブログ

いちのはる荘 外壁リフォーム (瓦屋根塗装・・下地処理)

  • 投稿日:2018年 2月27日
  • テーマ:

いちのはる荘 リフォーム工事 瓦屋根塗装・・・下地処理

下地処理の内容によって、仕上りの程度良し悪しや塗膜剥離などのリスクを軽減することが出来ますので、この工程は特に入念に行う必要があります。


IMG_2606.JPG

瓦表面の汚れが綺麗に除去できていない状態で塗装を行うと、その後の塗膜剥離が生じるリスクが高くなりますので、可能な限り綺麗に洗い流しておく必要があります。また高圧洗浄だげでは落としきれない汚れなどは、ワイヤーブラシ等を併用して行うとより安心です。
※セメント瓦は洗浄時に屋根からの水漏れが起きやすい瓦になりますので、洗浄する際には特に注意が必要な瓦になります。
2018-2-27asdasdas001.JPG

瓦は風雨で、「ずれ」や「割れ」が生じていることがあるので、塗りの前に「ずれ」は補正して、割れている瓦があったら、コーキング剤を使って補修したり予備があれば交換します。「ずれ」や「割れ」は雨漏りの原因になりますから、この工程はかかせません。

2018-2-27asdasdas002.JPG

下塗り

まず外壁や屋根の塗りは3回塗りだということを覚えておきましょう。そして最初に下塗りをおこないます。下塗の塗料は大きくわけて「フィラー」と「シーラー」があります、セメント瓦の塗り替えには「フィラー」を使います。


2018-2-27asdasdas003.JPG

「シーラー」と「フィラー」の使いわけは、下地が割と綺麗な場合には「シーラー」を使います。
でも下地が傷んでいるときには、「フィラー」が使われます。
なぜなら、セメント瓦っていうのは、塗料がはがれていると、素地のセメントが現れてきて、ざらざらしているもんです。でもフィラー」は凸凹している素地の調整剤として使われるから、セメント瓦の下塗にはもってこいなんですよ。



2018-2-27asdasdas004.JPG

塗装時に風に吹かれて、周辺に塗料が飛び散らないように入念に養生をします。リフォーム工事は
養生も大切な工事です。


2018-2-27asdasdas005.JPG


2018-2-27asdasdas006.JPG

下地処理が終わりました、つぎは中塗り・・上塗工事です。



いちのはる荘 外壁リフォーム (瓦屋根塗装)

  • 投稿日:2018年 2月26日
  • テーマ:

ちのはる荘 リフォーム工事  瓦屋根(セメント瓦)塗装
外壁上塗塗装が終わりましたので、瓦屋根(セメント瓦)の塗装工事が始まります。

現在は、昔とちがって、台風とかゲリラ豪雨とかが半端ではありませんから、瓦屋根の人だと、雨漏りとか屋根の状態が気になっている方が多いと思います。
セメント瓦屋根が劣化すると、表面の塗膜が剥げてセメント部分が表面に露出して、カルシウムが流れ出すんだします。そうなったら、表面がボロボロになって瓦が少しの衝撃で割れやすくなります。そうなったら、葺き替えか塗装工事にするか検討しないといけません。

セメント瓦っていうのは「セメント」でできていますから、成分はモルタル(「石灰石」+「砂」)と「水」なんです。ですからセメント瓦はスレートに比べると重いから、耐震性に優れていません。

ずーと持つ和瓦と違って、セメント瓦は10年に一度は塗装しないといけませんセメント瓦は汚れると、苔が生えやすい屋根なんです。だからこそメンテナンスが重要なんです。

いちのはる荘は予算の関係もありましたが、瓦の劣化状態が悪くありませんでしたので、塗装工事にしました。

塗装工事のメリットは下記の通りです、参考にして頂きたいとおもいます。

衝撃により発生した欠損をカバー

瓦は動きやすく衝撃に弱いデメリットがあり、瓦が動いてしまった事で受けてしまった欠損を
塗装でまかなう事が出来ます。ヒビ等の軽度な欠損であれば、塗装により塗膜を掛ける事で簡単
に埋める事が可能です。

瓦の色あせ等の色合いの不具合を改善

瓦は半永久的素材ですので塗装を行わなくても素材的に劣化はしませんが、色あせは残念ながら発生してしまいます。経年により色合いがどんどん悪くなってしまいますので、古さを発揮させてしまいます。
定期的に塗装工事を行う事で、高級な瓦の雰囲気をより引き出す事が出来ます。

カラーバリエーションが少ない瓦を理想のカラーに

瓦はカラーバリエーションが少ないので、見た目にも地味に見せてしまいます。
瓦に塗装をする事で好きな色味にする事が出来るので、好きなカラーの瓦とし理想の外観とする事が出来ます。
自分の好きな色を塗る事で、和風の建物だけではなく洋風の建物にも採用が可能となります。



IMG_2580.JPG

屋根の上にはコケや排気ガスのヨゴレなどがたくさんありました。


IMG_2581.JPG


IMG_2585.JPG


IMG_2589.JPG

古くなった瓦は劣化やヒビ割れの跡もあります、以前雨もりをした言われてましたので、この部分にコーキング補修
をした跡が残ってます。

IMG_2587.JPG


IMG_2590.JPG

瓦の調査が終わりました、今から水洗いをします、瓦に付着した汚れを取り除きます。





いちのはる荘 外壁リフォーム (ひび割れビフォー・・アフター)

  • 投稿日:2018年 2月25日
  • テーマ:

いちのはる荘 リフォーム工事 ひび割れビフォー・・アフター

細かい外壁のひび割れなら、ほとんど塗料で埋まってしまいます。
塗料で埋まりきらないひび割れは、 シーリング材1回か、もしくは2回に分けて注入します。
2回に分けることで、1回のときより奥深く シーリング材を注入することが出来ます。

外壁塗装が終わりました、ひび割れ補修のビフォー・・アフターです。

2018-2-25rwwer001.JPG


2018-2-25rwwer002.JPG




2018-2-25rwwer003.JPG


2018-2-25rwwer004.JPG


2018-2-25rwwer005.JPG


2018-2-25rwwer006.JPG

前の記事 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
まずはお問い合わせください あなたの暮らしにベストなご提案。 大分 モデルハウス 住宅診断 川野 雄二 一級建築士 心地よいくらしを実現する 三浦 陽治 「神の手」を持つ車いす 家具職人 LINE@友だち登録キャンペーン
リバーハウス
LINE@友達登録キャンペーン
リバーハウス リフォーム 大分